台風と欠航の関係!カギは風の強さ!知っておくと便利なマメ知識

台風知って得する記事

飛行機は風が強くなると
運航に支障がでるので
欠航になる確率が高くなります

その理由を順に見ていきましょう!

航空会社の欠航基準

航空会社ごとに
欠航基準が決まっていますが
一般向けに公開されていません

分かっているのは
欠航のカギはこの2つ

・風の強さ
・滑走路の状態

滑走路

欠航になりやすい状態を
まとめた表です

欠航に
なりやすい
状態
・風が強いとき

・滑走路の横からの風が
 風速13メートルを超えるとき

・滑走路が濡れているとき

・風が強いとき

風が強いときは
台風の接近時が多い

台風が発生すると
天気予報では
中心を囲む2つの円も
一緒に表示されています

内側の円が暴風域
外側の円が強風域

暴風域の方が
風が強くなります

この2つの円の領域に入ると
欠航が多くなります!

風が強い台風のときは
欠航が多いので

台風=欠航みたいな
イメージがついているだね

・強風域・暴風域とは

強風域平均風速が
秒速15メートル以上になる
可能性のある領域
暴風域平均風速が
秒速25メートル以上になる
可能性のある領域

・欠航の目安

強風域離陸、着陸ができる状態
であれば運航する

欠航になりやすい状態
・滑走路の横からの風が
 風速13メートルを超えるとき

・滑走路が濡れていて
 機体が滑る可能性がある
暴風域ほぼ欠航になる

暴風域に入ると
整備業務も困難になる

強風域で運航できたとしても
条件便での運航になることが多い

条件便の説明は
こちらの記事で解説しているので
参考にしてください

台風に関するマメ知識

・熱帯低気圧と台風の違い

低気圧の領域内の最大風速が
秒速17メートルを境に区別されている

台風は熱帯低気圧が
発達して強くなったもの

 領域内の最大風速
熱帯低気圧秒速17メートル未満のもの
台風秒速17メートル以上のもの

・タイフーンとは

タイフーンは
台風と同じ意味です

歴史はこんな感じです

もともと
中国で激しい風のことを

大風(タイフーン)と呼んでいた
下向き矢印
タイフーンが
ヨーロッパ諸国では

Typhoonと呼ばれるようになる
下向き矢印
Typhoonから台風と
呼ばれるようになる

サイクロン、ハリケーンの違い

・台風(タイフーン)
・サイクロン
・ハリケーン

どれも熱帯低気圧から
発達したもの

大きな違いは発生場所

発生場所によって
呼び方が3つに分かれてる

・表で確認

 発生場所
領域内の最大風速
台風
(タイフーン)
・東経180度より
 西の
北西太平洋

・南シナ海


最大風速
秒速17メートル以上のもの
サイクロン・ベンガル湾
・アラビア海など
・北インド洋

最大風速
秒速17メートル以上のもの
ハリケーン・西経180度より
 東の北東太平洋

・北大西洋
・カリブ海
・メキシコ湾


最大風速
秒速33メートル以上のもの

・地図で確認

地図をクリックすると
拡大するよ

台風、サイクロン

台風発生マップ

ハリケーン

ハリケーン地図

台風とハリケーンの発生場所で
東経180度、西経180度
という言い方がされています

東経、西経というのは
ロンドンを基準0度として
東と西に度数で位置を表している

東経180度、西経180度は
基準から真反対の位置
結局、同じ位置になります
 

タイトルとURLをコピーしました