アメリカ行き!航空会社に預ける手荷物に鍵をかけてはダメ!TSAロックとは?

知って得する記事
Designed by pch.vector / Freepik

アメリカ行き預け手荷物ルール

アメリカへ行く場合
航空会社へ預ける手荷物には
鍵(かぎ)をかけてはいけない

というルールがあります!

ハワイ、グアム、サイパン
アメリカ領土なので
同じルールです

アメリカ以外の国では
預け手荷物に鍵をかけてもOK

・なぜ鍵をかけてはダメ?

2001年9月11日
アメリカで同時多発テロが
起きました

テロ以降
アメリカへ入国する際
セキュリティ検査が厳しくなり
預け手荷物には鍵をかけてはダメ
というルールができました

・鍵をかけて預けると

鍵が壊されます

アメリカでは荷物検査をする際
荷物の中身をチェックするために
鍵の破壊が認めています

航空会社から
壊された鍵の補償はありません

 

海外旅行保険に
加入していたら
携行品損害の補償
として対応してくれます

海外保険には
加入しておきましょう

海外旅行保険が付いている
クレジットがお得ですよ

海外旅行保険が付いている
クレジットカードについて
こちらの記事で詳しく書いています!
参考にしてください

TSAロックとは

アメリカ運輸保安局によて
認可された鍵(かぎ)のこと

赤いマークと
TSAという文字が目印

TSAロックイメージ

・TSAって何?

Transportation
Security
Administration

TSAは単語の
頭文字をとっていて

アメリカ運輸保安局
を意味しています

・TSAロックはどんな鍵?

一番の特徴は

TSAロックの鍵は
TSA職員も持ち主と同じように
開けることができる

つまり
TSA職員は合鍵を持っている

・鍵の種類

2種類あります
・キーロック式
・ダイヤル式

キーロック式鍵をつかってロックする
ダイヤル式暗証番号を設定しロックする

・TSAロックの歴史

なぜ
TSAが特殊なカギを
作ったのか

現在はどうなのか
歴史をまとめました

参考にしてください

テロ以降、預け手荷物は
TSA(米国運輸保安局)が
検査することになった
下向き矢印
TSA検査になり
預け手荷物には鍵をかけない
というルールになる

鍵をかけたまま預けると
鍵が壊される
下向き矢印
TSA検査が
スムーズにいくように
TSAロックという鍵が認証される

TSAロックは

TSA職員でも鍵があけれる
特殊な鍵

TSAロックが付いた
スーツケースも販売される

TSAロックだと荷物を検査する
TSA職員も鍵をあけれるので
鍵をかけて預けてもOKになった
→盗難のリスクが少し減る
下向き矢印
アメリカへ行くときは
TSAロックのスーツケースを
利用する人が増えてきた
下向き矢印
いつしか
TSAロック付きの
スーツケースでも
鍵をかけてはいけない
というルールに変わる
下向き矢印
現在
TSAロック付き、ロックなし
どちらも同じルールで検査を
うけるようになっている


TSAロック付きの意味がなくなる

預ける時の注意点

・盗難の防止策

鍵をかけずに
預け手荷物の検査がされるので
盗難も増えています

盗難の防止策は
貴重品は持込み手荷物にする


持込み手荷物ルールは
こちら記事で詳しく書いています
参考にしてください

・預けた荷物は乱暴に扱われる

どこの空港でも
預け手荷物は乱暴に扱われます

ロックをかけていない状態で
乱暴に扱われると
中身が飛び出る可能性があります!

防止策は
スーツケースベルトをつけること

十字型のスーツケースベルトは
しっかりしているのでお勧め

デザインは好みがありますが
遠くからでも目立つ色がお勧め

タイトルとURLをコピーしました