【初心者向け】旅行のはじめ方「ステップ12」、イラスト多めで分かりやすく解説

 

・旅行の計画は何から始めればいいの?
・ツアーと個人旅行の違いは
・持ち物は何が必要?
・お金の管理はどうするの
・服装はどんな感じなの
・・・・・

旅行に慣れていないと
色んな疑問がありますよね


この記事では
初心者向けに分かりやすく
旅行のはじめ方を解説
しています

イメージがわきやすいように
表やイラストを多めにしています


では一緒に見ていきましょう!

ステップ①:【計画】を始める

旅行の計画をはじめる時期は早めがベスト!

目安は
国内旅行は3か月前
海外旅行は6か月前
くらいから
少しずつ計画をたてるのがおススメです。

早めの計画をすすめる理由
①いろんなプランの中から選択できる
*間際になると既に予約ががいっぱいで
 選択肢が狭くなる可能性が大きい

②一度予約をしても、他にいいプランがあれば乗り換えできる

③現地で何をするのか予定をじっくり考えられる


一般的に
出発の2か月前をきると
予約がどんどん増えてきます。

間際で予約しようとすると
何かヌケてたりモレてたりします。
後悔しないためにも
早めの計画で楽しい旅行にしましょう!

ステップ②:【予算】をきめる

予算をきめるポイントは
全体で使う金額を
ひっくるめて考えること


例えば
・航空券代
・宿泊代
・現地でつかうお金
・準備のお金
・お土産代
・オプショナルツアー代

ステップ③:【人数】をきめる

 
1人で行くのか
友達や家族と一緒に行くのか

人数をきめましょう!

ポイントは人数を決めるタイミングで

宿泊先の部屋タイプまで決めておくこと

宿泊がホテルの場合
1部屋いくらという料金で
決められています。

1部屋に多くの人数で
泊まったほうが安くなります。

1名で1室を利用するより
2名で1室を利用する方が安い。

2名で1室を利用するより
3名で1室を利用する方が安い。

一例
1部屋12,000円の部屋があるとします。

1部屋を利用する人数で
一人当たりの料金が決ります。

こんな感じです。

・1名1室・・・ 12000円/人
・2名1室・・・  6,000円/人
・3名1室・・・  4,000円/人

ステップ④:【日程】をきめる

 

ポイントは予算にあわせて日程をきめる

できるだけ安くおさえたい場合
出発する日、帰ってくる日ともに
平日(月~木)にする。

週末(金・土・日)を
はずすと安くなります。

週末や祝日しか行けない人は
航空券の時間帯や
ホテルのランクを変えるだけで
料金がかなり違ってきますよ

 

1年の中で旅行代金が高くなる期間
・春休み、夏休み、冬休み
・ゴールデンウィーク(5月)
・シルバーウィーク(9月)

・祝祭日と週末が
 続いている日程(3連休以上)

・旅行先がイベントを
 開催している日程

ステップ⑤:【目的】をきめる

 
旅行の目的(テーマ)は何ですか?

・きれいな海で泳ぎたい

・ショッピングを楽しみたい
・コテージでのんびり過ごしたい
・現地のグルメを楽しみたい
・卒業旅行
・記念日旅行
・現実逃避

などなど人によって目的はちがうはず

目的なしに何となく計画をたてるより
目的があった方が計画から楽しくなりますよ

ステップ⑥:【行先】をきめる

 
目的にあわせて行先をきめよう!

人によって目的から
連想される行先はちがいます。
自分がピン!っときた行先がベスト


イメージしやすいように
表にまとめてみました(一例)

目的行先
きれいな海で泳ぎたい沖縄、ハワイ
オーストラリア
おしゃれに街を歩きたい横浜、神戸、パリ
イタリア、ニューヨーク
コテージで
のんびり過ごしたい
石垣島、モルディブ
タヒチ
新鮮な魚料理を食べたい北陸、札幌、ギリシャ
大自然を見たい北海道、上高地
アメリカ、ペルー
卒業旅行ディズニーランド
台湾、韓国
記念日旅行函館、箱根、福岡
グアム
現実逃避宮古島、屋久島
フィジー

ステップ⑦:プランを【選択】

 

ツアーと個人旅行どちらの
プランにするのか選択しよう!

プラン特徴
ツアー

旅行会社が
作るプラン

大きく分けて2種類
・パッケージツアー
 航空券+宿泊+観光+添乗員など

最初から必要なものが
組込まれているのが特徴


・ダイナミックパッケージ
 航空券+宿泊のみ

旅行するのに必要な
航空券と宿泊だけの
シンプルなツアー
個人旅行自分で航空券や宿泊など手配する

ステップ⑧:プランを【検索】

検索

ツアー or 個人旅行
どちらにするか決めたら

ステップ②~⑥できめた
【予算、人数、日程、目的、行先】を
もとにプランを探していきましょう!

プランを探す方法は2つ
・インタネットで検索する
・旅行会社の店舗で相談する

あなたはどっちの方法で
プランを探したいですか?


それぞれメリット、デメリットを
まとめたので参考にてください。

インタネットで検索する

メリット
・自分のペースで検索できる
・色んなプランをすぐに検索できる
・旅行会社へ行かないので
 交通費や時間を節約できる

デメリット
・プランの詳細まで確認できない
・不明点があると手が止まる
旅行会社の店舗で相談する

メリット
・不明点はすぐ質問できる
・プランの詳細まで確認できる
・プロが案内してくれるので
 安心感がある

デメリット
・相談時間が限られている
・相談手数料が発生する
 ※旅行会社によって手数料が異なる
・相談した旅行会社のプランしか案内されないことがある

ステップ⑨:プランを【予約】

プランが決まったらしたら予約しよう
予約にはこちらの記事を
参考にしてください。
 
オプショナルツアーも検討している人は
こちらの記事を参考にしてください。
予約をするときの重要ポイント
キャンセル料が発生する日を
必ずチェックすること!

チェックしたら
カレンダーにすぐ記入すること

個人旅行
キャンセル料が発生する日は
航空券、ホテルなどそれぞれ違います。
見落とさないよう気を付けてください。


パッケージツアー
キャンセル料が発生する日が
決まっているので分かりやすい。

国内ツアーと海外ツアーで
キャンセル料のルールに
違いがあるので表にまとめました。

国内ツアー
キャンセル料のルール

宿泊の有無キャンセル料が
発生する日
宿泊あり
(1泊以上)
出発日の前日から数えて
20日目にあたる日から発生
宿泊なし
(日帰り)
出発日の前日から数えて
10日目にあたる日から発生
※国内ツアーは  宿泊が有か無し
  キャンセル料の発生日がちがいます

 

海外ツアー
キャンセル料のルール

出発日キャンセル料が
発生する日
通常期
(ピーク期以外)
出発日の前日から数えて
30日目にあたる日から発生
ピーク期

・4/27~5/6
・7/20~8/31
・12/20~1/6
出発日の前日から数えて
40日目にあたる日から発生
※海外ツアーは出発日が通常期かピーク期
 キャンセル料が発生する日がちがいます。

ステップ⑩:【準備】持ち物、お金、服装

国内旅行と海外旅行にわけて
紹介しています。

 

国内旅行

持ち物
お金
服装

 

海外旅行

持ち物
お金
服装
パスポート取得方法

ステップ⑪:予約内容【確認】

予約内容の確認のポイント
キャンセル料が発生する前にする!

キャンセル料が発生する日の
3日前くらいから余裕をもって
予約内容の確認をしていきましょう!

必ずチェック!
・航空券の日程や区間
 思い込みで日程や区間を
 間違えていることもあります。
 念には念を!が大事です。

・ホテルの宿泊日程
 深夜便を利用する場合
 チェックインの日程を再確認!
予約金額が大きいものは
必ずチェックしましょう。

間違えていたらかなりヘコみます!

私もやってしまったことあります。。
航空券の区間を逆で予約していて
一瞬にして青ざめてしまいました。

予約確認が無事おわったら
必要に応じて
「現地連絡先」や「日程表」を
家族や知人の人に渡しておくと
パーフェクト!

ステップ⑫:最終チェック

最終チェックは出発の3日前くらいから
余裕をもってやりましょう!

最終チェックポイント
・持ち物チェック

・行きたいお店の営業日時をチェック
 急に営業日時が変更になる
   こともあるので再度チェック!

・天気予報
 予報に応じて服装の最終調整
最終チェックは
念のためしておくイメージ!

日程どおり予約ができているかを
軽くみるぐらいでOKです。

出発の前日は早めに睡眠をとって
当日は余裕をもって
空港に到着しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました