海外では「SIMカード」が便利!現地の電波が自由に使えて通話もアプリも快適操作

SIMフリー携帯知って得する記事

海外旅行では
現地での携帯事情について
気になりますよね。

Wi-Fiルーターをレンタルするよりも
現地のSIMカードを利用するのが
とっても便利でお得なんです。

初心者の方でも
分かってもらえるように
SIMの説明からしていきますね。

では、一緒に見ていきましょう!

そもそもSIMカードって何?

ひと言でいうと
通話とインターネットを
使えるようにしているカード

SIMカードには
・音声通話データ
・ショートメールデータ
・通信データ
が入っているので通話とインターネットが
使えるようになっています。

SIMカード

表にまとめて頭を整理しましょう!

SIMカードに
入っているデータ
データの中身
・音声通話データ

・ショートメール
 データ
(SMS)
電話番号
※通話とショートメールを
 可能にする
・通信データ
 単位:GB
(ギガバイト)
例)データ容量 3GB
※インターネットを
 使用できるデータ量

・SIMは何の略なのか

Subscriber Identity Moduleの略
頭文字をとってSIMという

直訳すると
加入者識別モジュール

分かりやすく訳すると
所有者情報が記録された部品

とにかく
重要な個人情報が入っているカードだから
SIMカードって名付けられている!
と覚えておけばいいと思います。

・SIMカードは何種類あるのか

ズバリ、3種類です。
スマートフォン、タブレットなど
電子機器、機種によって
使用されているSIMカードが異なります。

SIMカード
種類
大きさイメージ
標準SIMSIMカードタイプ別
microSIM
nanoSIM

・SIMフリーとは

SIMカードを自由に交換できること

SIMフリースマートフォンは
SIMカードを自由に交換できる
スマートフォンのことです。

・SIMロックとは

SIMカードが交換できないように
ロックされていること

部屋にカギがかかって
出入りできないような状態です。

侵入禁止

ロックを解除するためには
携帯電話会社に問い合わせて
解除してもらうようにしてください。

・格安SIMとは

格安スマホ(スマートフォン)に
使われているSIMのこと

※格安なSIMという意味ではありません

格安スマホとは
大手携帯電話会社の電波を利用して
格安料金で提供されているスマホのこと

 

Wi-Fiルーターとは

Wi-Fiルーターとは
現地の電波と電子機器を
つなげる役割をする機器

電子機器
・スマートフォン
・タブレット
・ノートパソコン
など

Wi-Fiルーター

・ルーター利用時の注意点

ルーターから離れすぎると
電子機器が電波を
キャッチできなくなる

ルーターと電子機器が
近いほど電波が強い

・フリーWi-Fiとは

無線で利用できる電波のこと

誰でも自由に利用できるので
フリーWi-Fiと呼ばれている

特徴としては
電波がつながる範囲が狭い

 

フリーWi-Fiイメージ

SIMカードとWi-Fiルーター比較

・内容比較

SIMカードの最大のメリットは
現地の電波を利用できること

日本で使っている携帯と同じように
現地でも操作ができます。

比較表も見ていきましょう!

インターネット環境

 SIMカードWi-Fi
ルーター
使える
電波
現地にある
携帯会社の電波
(直接利用)
現地にある
携帯会社の電波
(ルーター経由で利用)
Free Wi-Fとは
誰でも自由に利用できる電波

SIMカード、Wi-Fiルーターが
なくてもつながる電波

セキュリティが
しっかりとしていないのが難点
個人情報がとられることもあるので
注意が必要!
電波の
強さ
強いルーターから
離れると
電波が弱くなる
利用条件SIMフリー
携帯が必要
ー(なし)
利用方法方法は2つ
・出発前に
 日本で
 購入する

・現地到着後
 購入する
購入するより
レンタルする
人が多い
アプリの
利用
できるできる

・料金比較

SIMカード、Wi-Fiルーターともに
プランはいくつもあります。

表で紹介している料金は
数あるプランの中の一部になります。

SIMカードのお得さが
分かってもらえればOKです。

タイ
SIMカード¥390円
・通話:100分間 無料
・データ容量:無制限(7日間)
Wi-Fiルーター
(レンタル)
1日 550円×日数
台湾
SIMカード¥570円
・通話:なし
・データ容量:無制限(5日間)
Wi-Fiルーター
(レンタル)
¥2,000円
・4日間レンタル
ベトナム
SIMカード¥790円
・通話:なし
・データ容量:4GB(30日間)
Wi-Fiルーター
(レンタル)
¥2,000円
・5日間レンタル
シンガポール
SIMカード¥1,530円
・通話:なし
・データ容量:4GB(8日間)
Wi-Fiルーター
(レンタル)
1日 700円×日数
アジア
SIMカード¥1,300円
・アジア16か国
・通話:なし
・データ容量:無制限(10日間)
Wi-Fiルーター
(レンタル)
1日 1,000円×日数
・アジア14か国
ヨーロッパ(欧州)
SIMカード¥2,000円
・欧州35か国
・通話:なし
・データ容量:5GB(10日間)
Wi-Fiルーター
(レンタル)
1日 880円×日数
・欧州36か国

 

SIMのデータ容量の目安

SIMカードのデータ容量について
もう少し詳しく見ていきましょう!

1GBの容量で
できることをまとめた。

※私の携帯で検証したデータですので
参考程度に見てください。

通信データを
使用するもの
1GB(ギガバイト)で
できること
Webページ閲覧約3,000~4,000ページ
(1日あたり100~130ページ)
Googleマップ
ナビ案内
約15時間
Twitter閲覧約4時間
Youtube閲覧約90分(高画質)
インスタグラム閲覧約60分
TikTok閲覧約2時間
E-メール送受信Twitter程度の文字数なら
約10万通(1日あたり3,000通)
LINE(ライン)・通話 約45時間
・ビデオ通話 約3時間

SIMカードの選び方

SIMカードを選び方は
3つだけ確認すれば

自分に合ったプランが探せます!

まず、自分が使っている
携帯のプランを確認してください。

自分のプランを確認することで
1か月の通話とデータ容量が分かります。

1か月の使用量を30日で割算すれば
1日の使用量が分かります。

1日の使用量 × 旅行日数
で目安のデータ量が分かります!

自分の
携帯プラン
・通話プラン
(60分まで無料)

・データ容量3GB/月


次に2点の確認してください。

日本にいる時とくらべて
旅行期間中はどうなのかを考えると
必要なプランが見えてくるはずです!

現地で
通話するのか
通話する予定がなければ
「通話なし」のプランでOK
現地で使用する
インタネット容量
動画系アプリをよく使うなら
データ容量が多いSIMを
お勧めします!
通話はLINE通話があればいいという方!
お勧めSIMカードのプラン
・通話:なし
・データ容量:大きいもの

少し混乱しますが
LINEはアプリなので
LINE通話やLINEビデオ通話は
SIMカードの通話とは別ものです。

 

SIMカードの設定方法

現地到着後に設定します。
SIMカードを交換するだけでは
現地の電波を利用することはできません。

設定①SIMカードを交換する
設定②携帯の設定画面で
アクセスポイント名(APN)を
現地の携帯会社にする

設定方法は
手順書があればスムーズです。

日本で事前に
SIMカードを購入する場合
設定方法の手順書が付いているかも
確認しましょう!

現地でSIMカードを購入する時は
お店の人がSIMの設定までしてくれるので
安心してください。

・具体的な設定手順

機種によって設定方法が違いますので
一例としてご紹介しますね。

設定前にSIMピンを準備してください。
携帯本体からトレイを
引っ張り出すために使用します。

なければ
代用品でクリップでもOKです。

SIM交換準備

iPhoneの設定手順

電源を切る
トレイにSIMカードを入れる
電源を入れる
Wi-Fiに接続する
APN設定解説ページを開く
APNプロファイルをダウンロード
プロファイルをインストール
パスワードが必要な場合は入力

Androidの設定手順

電源を切る
トレイにSIMカードを入れる
電源を入れる
設定画面でAPN設定をする
 設定
 ↓
その他
 ↓
モバイルネットワーク
 ↓
アクセスポイント名
 ↓
新しいAPN

※APN設定する項目
・名前・・・自分が分かる名前(任意)
      例)mobile 
・APN
・ユーザー名
・パスワード
・認証タイプ

名前以外の項目は
SIMカードの説明書に記載があります。

Wi-Fiルーターご紹介

SIMカードより
Wi-Fiルーター派の方へ

お勧めレンタルWi-Fiをご紹介します!

タイトルとURLをコピーしました