国内旅行の服装イメージ!イラストつきで分かりやすく紹介

旅の服装よく読まれている記事
Designed by Freepik

旅行にいくとき
服装はどんなのにしようか
悩みますよね。

国内旅行で服装を選ぶときのポイント
旅行先の「気温」「湿気」「紫外線」を目安にきめる!

では早速、見ていきましょう!

気温をもとにした服装イメージ【5パターン】

①-4.0~4.9℃

1つあればOK
・コート、ダウン(フード付き)
・パーカー、セーター(タートルネック)
・ズボン(ユニクロの暖パンなど)
・手袋、マフラー、ネックウォーマー、ニット帽

汚れ具合を予想して枚数をきめる
・タイツ、ストッキング
※1週間程度なら2~3枚で着まわす
※宿泊先で除菌スプレーをかければOK

泊数分もっていく
・下着(保温性があるヒートテックなど)
・靴下(厚いきじ、五本指タイプならムレにくい)


・ブーツ、シューズ・・・防水・滑り止めありがGOOD

あると便利
・ほっかいろ、耳当て

冬の服装

②5.0~11.9℃

1つあればOK
・コート(フードなしでもOK)
・ダウン(袖なしタイプなら身軽でが動きやすい)
・ズボン(ユニクロの暖パンなど)
・手袋、マフラー、ネックウォーマー、ニット帽

汚れ具合を予想して枚数をきめる
・トレーナー、セーター
※1週間程度なら2~3枚で着まわす
※宿泊先で除菌スプレーをかければOK

泊数分もっていく
・下着(保温性があるヒートテックなど)
・靴下(厚いきじ、五本指タイプならムレにくい)


・ブーツ・・・歩きやすいもの
・スニーカー、シューズ・・・動きやすいものがGOOD!

あると便利
・ほっかいろ

冬の服装その2

 

③12.0~17.9℃

1つあればOK
・ジャケット、カーディガン、チョッキ・・・厚いきじ
・ストール
・ズボン(動きやすいストレッチタイプなど)
・帽子(紫外線カット)

汚れ具合を予想して枚数をきめる
・長そで(薄いきじ)、七分袖のシャツ
※1週間程度なら2~3枚で着まわす
※宿泊先で除菌スプレーをかければOK

泊数分もっていく
・下着
・靴下(短いもの、薄いきじ)


・スニーカー、シューズ・・・動きやすいものがGOOD!

春の服装

④18.0~25.9℃

1つあればOK
・ジャケット、カーディガン・・・薄いきじ
・スカーフ(スカーフはストールより薄くて短いものです)
・ズボン(多少の汚れもきにならないジーンズなど)
・ロングスカート
・帽子(熱中症対策、紫外線カット)

汚れ具合を予想して枚数をきめる
・長袖(薄いきじ)、七分袖のシャツ、ポロシャツ
※1週間程度なら2~3枚で着まわす
(汗をかく天気なら3~4枚がいいかも)
※宿泊先で除菌スプレーをかければOK

泊数分もっていく
・下着
・靴下(短いもの、薄いきじ)


・ランニングシューズ・・・動きやすいものがGOOD!

春夏の服装

 

⑤26.0~36.9℃

1つあればOK
・カーディガンなど羽織るもの(薄いきじ)
※冷房が効きすぎているところで着る用
・短パン
・ワンピース
・帽子(熱中症対策、紫外線カット)

汚れ具合を予想して枚数をきめる
・Tシャツ
・白シャツ(紫外線対策で白色)
※汗をかく季節なので泊数分もっていく方がいい
(宿泊先の除菌スプレーで対応できそうなら枚数へらす)

泊数分もっていく
・下着
・靴下(短いもの、薄いきじ)


・ランニングシューズ・・・風通しがよくて軽いものがGOOD!
・サンダル・・・動きやすいもの

夏服

 

各都市の服装パターン(月別)

地図をクリックすると拡大するよ
日本地図

5パターンの気温を色わけし、各都市の平均気温に色をつけました。

①-6.9~4.9②5.0~11.9③12.0~17.9④18.0~25.9⑤26.0~36.9


色のついた気温をクリックすると服装イメージへ移動します!

平均気温(単位:℃)

平成
19年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
札幌-3.6-3.10.67.112.416.720.522.318.111.84.9-0.9
仙台1.62.04.910.315.018.522.224.220.715.29.44.5
東京5.25.78.713.918.221.425.026.422.817.512.17.6
名古屋4.55.28.714.418.922.726.427.824.118.112.27.0
金沢3.83.96.912.517.121.225.327.022.717.111.56.7
京都4.65.18.414.219.023.026.828.224.117.812.17.0
大阪6.06.39.415.119.723.527.428.825.019.013.68.6
神戸5.86.19.314.919.423.226.828.325.219.313.98.7
福岡6.67.410.415.119.423.027.228.124.419.213.88.9
沖縄17.017.118.921.424.026.828.928.727.625.222.118.7

※気象庁データ参照

湿度が高い地域へいくときのアドバイス

①汗をかきやすくなるので
 着替えを気持ち多めにもっていこう!
 ※旅行先でTシャツを買って
  着替えてもOK

②カビ対策として着替えといっしょに
 除湿剤(じょしつざい)も
 カバンに入れよう!

 ※除湿剤は100均にもある

湿度(しつど)って何?
空気中ふくまれる
水分量の割合のこと

快適にすごせる湿度が
40~60%
といわれています

湿度65%を超えてくると
「蒸し暑い」「じめじめしている」と
感じる人が多いはずです

逆に湿度40%を下回ると
乾燥している状態になります

乾燥していると
保湿クリームや加湿器で
肌をケアする方がいいですよ

・湿度が高い地域はどこ?

ズバリ「沖縄」と「金沢」

沖縄
亜熱帯気候なので高温で多湿
だから年間をとおして湿度がたかい

金沢
季節風(モンスーン)の影響で雨が多い
だから湿度がたかい


参考に
東京と比較した下の表をみてください

沖縄と金沢は1年間をとおして
湿度65%を超えています

1年間の平均湿度(単位:%)

平成19年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
東京525356626975777375686556
金沢757267656975777374717172
沖縄677073767983787876716966

※気象庁のデータを参照

紫外線が強い地域へいくときのアドバイス

①日焼け止めは小まめにぬろう

②帽子をかぶろう
 ※日傘でもOK

③サングラスをかけよう
 ※紫外線カットできるもの

紫外線(しがいせん)って何?
太陽にふくまれる光の種類

紫外線を英語でいうと
UV(UltraVioletの略)

よく耳にするUVカットは
紫外線カットってこと

旅行だけなら
紫外線は気にしなくても大丈夫
と思っていたら大間違い

紫外線の影響は
何年かあとに出てくるものなので
日頃からスキンケアを
意識することが大切です!

・紫外線が強い地域はどこ?

ズバリ「沖縄」

日本だと南へいくほど
紫外線がつよくなります


梅雨があけた夏の季節は
どの地域でも紫外線がつよくなるので
しっかりと対策をしましょう!

参考に
沖縄と札幌の紫外線量を
下の表で見てみましょう

沖縄は札幌の2~3倍ある
ということが分かります

1年間の平均湿度(単位 kJ/m²)

平成17年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
沖縄1.381.782.282.823.093.625.074.763.642.771.671.31
札幌0.340.641.141.642.452.612.982.821.740.990.410.29

※気象庁データ参照
※平成18年1月で観測が終了のため
 平成17年のデータを参照しています

 

タイトルとURLをコピーしました