海外旅行の持ち物をイラストつきでご紹介!もう迷わない

海外旅行の準備よく読まれている記事
Designed by Freepik

海外旅行の持ち物を
5つのカテゴリーに分けてご紹介

旅のスタイルにあわせて
服装を選びましょう!

お金の管理や持ち方、両替、チップは
こちらの記事をご参考にしてください

重要な持ちもの

パスポート(旅券)
海外旅行の必須アイテム
パスポートがないと出国できません

海外では国籍や身分を
保証する重要書類です
・パスポートのコピー
(顔写真のページ)
・写真
・運転免許証

海外でパスポートを
紛失した場合に必要な書類

VISA(査証)も取得
していたらコピーも持っていく
VISA(査証)
渡航先の国への
入国許可証のようなもの

渡航する国によっては
事前に取得が必要!
チケット類
航空券、乗車券など
出国には
チケット情報が必要
海外旅行保険の証書

海外旅行保険に
申込みをした場合

保険会社より証書が
メールか郵送で届く
・変圧器
・変換プラグ

「電圧」と「コンセントのプラグの形状」は
国によってちがう。

日本は電圧「100ボルト」
プラグの型「A型」

日本で使っている電化製品を海外でつかう場合
変圧器と変換プラグを旅行先の国にあわせる必要がある
腕時計

海外ではスマートフォンで時間をみるのは
盗難にあいやすくなるので危険!

時計の方が安全

カシオのチープカシオ(通称チプカシ)が
お値打ちでおススメ(3,000円程度)
旅のしおり(日程表)

旅行会社で申込みをすると旅行会社が作成してくれる

「スケジュール」や「緊急時の連絡先」などの
記載があります。

持っていった方がいいもの

・ハンカチ
・ポケットティッシュ
※100均で買える
海外ではトイレに
トイレットペーパーが
ないことがあります。

日本と比べると
不衛生のところも多い

ティッシュは
1日1個が目安
ウェットティッシュ
※100均で買える
手、テーブル、ベンチなど汚れているときに使う

日本と比べると海外の公共施設(トイレなど)
不衛生なところが多い

トイレに流せるウェットティッシュがおすすめ

国によってはトイレで使用したペーパー類は
流さず専用の箱に入れるところもあるので注意!
・ナイロン袋
・スーパーやコンビニの袋
仕分け用、ゴミ袋、洗濯物を入れ用

袋はよく使うので1日1枚を目安にしてください
・ガイドブック
・付箋
(ふせん)
地図が見やすいガイドブックがお勧め

付箋があると見たいページが分かりやすい!
常備薬

目薬、よい止め
頭痛薬、解熱(げねつ)剤
かぜ薬、げり止め
胃腸薬、整腸薬
便秘薬、かゆみ止め
消毒液
絆創膏(ばんそうこう)

あると便利なもの

スマートフォン

スマートフォンは
アプリを使うと必要情報がすぐにとりだせて便利

Wi-Fi電波を使うと
インターネットに無料で接続できる

ホテルやカフェなど利用できるところが増えています

充電器も忘れずに!
e-チケット
(Electronic Ticket)
eチケットとは
「電子チケット」のこと

eチケットがあると
インターネット上で搭乗手続きができる

圧縮袋
※100均で買える
かばんのスペースを広くつかうために使う

・洗濯物を圧縮

・かさばる服を圧縮(ダウン、コートなど)
・リップ
・保湿クリーム

乾燥した気候の場合は必需品
S字フック
※100均で買える
機内やホテルの壁など
ひっかけたいところにかけれるので便利
髪(かみ)どめ
※100均で買える
ホテルのアメニティグッズにあれば不要
※事前にホテルに確認要

髪どめは髪をとめる他に
何かをたばねるときにも使えるので便利です。
・折りたたみ傘
・レインコート
※100均で買える
天気予報が雨のときは持っていこう

レインコートは両手が使えるので安全

現地でビニール傘を買ってもいいと思います。
・サングラス
・折りたたみ日傘

紫外線がつよい地域にいくとき便利
扇子(せんす)
暑い地域では便利

折りたためるので持ち運びやすい
使い捨てカイロ

寒い地域では便利
・ネックピロー
・アイマスク
・耳栓(みみせん)
・携帯スリッパ

機内で自分の時間を
楽しみたい人向け

自分スタイルで決める持ち物

国際免許証

海外でレンタカーを利用する場合に必要

レンタカー手続き時に
日本の運転免許証
必要です
本(漫画、小説、雑誌など)

移動中の合間に
読書タイム
自撮り棒

写真にこだわりを
持ってるなら
必須アイテム

気を付けたい持ち物

概要は表にまとめていますが
より詳しく知りたい方は
こちらの記事をご覧ください。

・飲み物
・ペットボトルなど
手荷物検査後
出国手続きをすませた後で購入してください

未開封でも手荷物検査では持ち込み禁止

70度を超えるアルコール飲料水
持ち込み、預け入れ手荷物ともに不可
・虫よけスプレー
・消臭スプレー
・ヘアスプレーなど

スプレーの
機内持込みルール

・1容器あたり
 0.5kgまたは
 0.5リットル以下

・1人あたり
 2kgまたは
 2リットルまで

持ち込み、預け入れ手荷物ともに不可
爆発物、発火性、引火性、有害・刺激的なもの

花火、殺虫剤、漂白剤
70度を超えるアルコール飲料
スポーツ用酸素スプレー
コンロ用カセットボンベ
・カメラ
・ノートパソコン
・タブレット
・スマートフォン

リチウム電池、リチウムイオン電池が含まれる
電子機器は制限がある

日常生活で使っている
電子機器なら制限は
クリアできます。

高機能(ハイスペック)なものは
こちらの記事で
制限ルールのご確認を!

代表的な電子機器
カメラ、タブレット
ノートパソコン
スマートフォン
化粧品

液体物の
機内持込みルール
(クリーム含む)

100ml以下の容器に入れ
容量1リットル以下の開封可能な
透明のプラスチック袋に入れる

透明な袋・・例)ジップロック

(参考)
液体物の
預け手荷物ルールは
厳しくありません。


化粧品、医薬品、香水は
液体物の機内持込ルールとは別に制限あり

・1容器あたり
 0.5kgまたは
 0.5リットルル以下

・1人あたり
 2kgまたは
 2リットルまで
・歯磨き粉
・シャンプー
・コンディショナー
・ボディーソープ

コンタクトレンズ洗浄液
日焼けどめクリーム

美肌脱毛サロンRinRin-リンリン-

コメント

タイトルとURLをコピーしました