【初心者向け】海外でのトラブルを紹介!知っておくだけでも全然違う

海外では日常的に
事件や犯罪など
トラブルが起きています

日本は平和で安全な国ですが
海外は日本とは違います!

初めて海外旅行する人には
ぜひ読んでほしい内容になっています

それでは一緒に見ていきましょう!

海外で多いトラブル

スリ混雑した場所で多い
・バス
・地下鉄
・繁華街
・デパート

対策
貴重品は服の下や

かばんの奥底にいれて
管理するのがいいです!
盗難気をそらしたときに多い
・ホテルのチェックイン時

・ホテルのロビーで
 ゆっくりしている時

・飛行機の搭乗手続きの時

・レストランで
 食事をしている時

・夜行バスで眠っている時

対策
盗難にあわないために

大事な持ち物は
自分の目の前におく

更に持ち物と自分を
何かでつないでおく
引ったくりバイクや自転車で
後ろから近づき
肩掛けバッグをした女性や
後ろのポケットに入った財布を
ねらった犯行が多い

対策
なるべく体の前で
持つようする

財布は
ズボンの前のポケットに
入れて管理する
ホテルの部屋格安の宿は
セキュリティが
しっかりしていない

対策
貴重品は
セキュリティーボックスに
入れるか
南京錠や鎖(くさり)
をつけて管理する


セキュリティボックス
カギや暗証番号で
管理されています

カギをなくしたり
暗証番号を忘れると

セキュリティボックスを
壊さない限り
中身が
取り出せない


セキュリティボックスを壊すと
修理費が数万円かかるので
注意してください!

補足
ホテルスタッフの中には
宿泊客のものを盗むスタッフも
いるので海外では疑う目を持つ
ことが大切です
エレベータードアが閉まる瞬間に
少人数のグループや
刃物を持った人が
急に入ってきたりします

密閉された空間で
金品が奪われる手口

対策
エレベーターに乗るときは

周りに不審者がいないか
十分い注意する
オプショナル
ツアー
路上でツアーを紹介していたら
詐欺の可能性があります!
集合場所にいくと
誰もいないってことがあります

対策
オプショナルツアーを
現地で申込むときは

事務所を構えたところで申込む
ぼったくりぼたっくりが多いもの
・観光タクシー
・観光バイク、
・路上で客引きをしている店

対策
ホテルの人に紹介してもらうか
インターネットの口コミを参考に探す
ニセ警察観光客を狙って近づき
持ち物をチェックされます

その時に財布の中身が
抜き取られているという手口

数名のグループで
仕掛けてくることが多いので
かなり悪質です

対策
とられてもいい財布に
とられてもいい額をいれておく

あまり少額だと怪しまれるので
ちょっと色を付けた程度が無難
路上で押し売り歩いていると
急に写真を撮られたり
現地のアクセサリーを
つけられたりして
いきなり請求してくる手口

対策
興味を示さず
近づいてきても相手にしない
・夜の時間帯
・路地での犯罪
人目につかない
時間帯や場所では
事件や犯罪が起きやすい

対策
明るい時間帯に

大きな通りを通る
ヒッチハイク金品目当てに
ヒッチハイカーが
ねらわれることがある

対策
危険が起きても
助けを呼べるように

車の通りや人通りが多い
場所
でヒッチハイクする
・バー
・クラブ
なれなれしい人に注意

お酒が入り
気がゆるんだところで
何かを盗まれたりする

飲み物に睡眠薬を入れられ
起きたらカバンごと
盗まれていることがある

対策
飲み屋にいくときは
少額のお金だけ持っていく

気さくに
話しかけてくる人は注意する

遅い時間帯まで飲みすぎない
ケチャップ強盗ケチャップなど
液体をわざとかけて
持ち物をふくからといって
そのまま持ち物を強盗する手口

対策
ケチャップをかけられても
相手の言うことに反応せず
持ち物に触らせないこと

貴重品の持ち方

貴重品の持ち方について
別の記事で詳しく書いているので
参考にしてください

目次:海外での現金やカードの持ち方

トラブル防犯グッズ

セキュリティ・ウエスト・ポーチ
海外では盗難、スリにあうケースが多くあります
パスポートや現金、クレジットカード等の貴重品は
ポーチに入れて、服の下で管理する方が安全です
スキミング防止機能があるので
個人情報が抜き取られることはありません
ワイヤーロック
(ワイヤーが短い
本体は手のひらサイズでコンパクト
ワイヤーは細いので使い勝手が良いです
ファスナーの穴も通るくらいの細さ
盗難防止には必須アイテムです!
ワイヤーロック
(ワイヤーが長い
手のひらサイズでコンパクト
ワイヤーが長いので二重にしたり
大きな荷物にも対応ができます!

 

タイトルとURLをコピーしました